初雪記念日
c0037200_15000540.jpg
c0037200_14594501.jpg
今年初めてであった初雪です。
うれしくってシャッター押しました。
まるでカフェラテ。





[PR]
# by yassy127 | 2016-01-20 15:02 | Comments(10)
裸木
寒風の中で見る裸木は美しいと思う。
c0037200_23323465.jpg
寒い日に見られる緑はほっとする。
c0037200_23334757.jpg


[PR]
# by yassy127 | 2016-01-16 23:34 | Comments(6)
氷点下
c0037200_21524194.jpg
c0037200_21525992.jpg
c0037200_21531966.jpg
寒くなりました。
寒さに負けないように頑張らなくては。


[PR]
# by yassy127 | 2016-01-15 21:57 | Comments(4)
やれはす(敗荷)
青々と茂っていたはすの葉も朽ち果てて、蓮池は茎が目立ち、
次の準備を始めているようです。
冷たい風は容赦なく吹きぬけますが不思議と水が少なく水面は穏やかです。
c0037200_16320118.jpg
c0037200_16312628.jpg
c0037200_16311043.jpg
余談ですが永井荷風の名前は「蓮の葉の上を吹き抜ける風のように風雅な生き方をしたいという気持ちから筆名に選んだそうです。



[PR]
# by yassy127 | 2016-01-13 16:37 | Comments(6)
日本美術院展覧会
再興 第100回院展へ昨日行ってきました。
日本画壇の巨匠と実力作家の作品61点と過去の作品集表紙絵61点が展示してありました。
運よく入場すると間もなく倉敷芸術科学大学の井出康人先生(同人)の解説があるというアナウンスがあり、
それをじっくり聞かせていただきました。
作品にはそれぞれの方の思いが込められていることを
改めて感じました。
いただいたパンフレットと
買ったはがきの中の1枚をコピーしておきました。
c0037200_23212685.jpg
c0037200_23211014.jpg
菊花 那波多目 功一
金屏風の前に華麗な糸菊がある構図ですが、井出先生の解説では
「余白で見せる絵であり、金が空間になっている。その金に負けない菊花の描き方は大変難しい。
大きく開いているのは今活躍している人たち、下の小さいつぼみはこれから院展を担う人たちとも思える。」

c0037200_23214026.jpg
宙(そら)と共に 郷倉和子
郷倉さんはご高齢でこんなやさしい絵を描かれています。
「生きていることに感謝 描けることに感謝 出品できましたことに感謝」と
目録に書いてありました。


[PR]
# by yassy127 | 2016-01-11 23:37 | Comments(2)