ZOOM IN 「雪割一華」
3月9日(水)
ずいぶん暖かくなりました。(正午の気温17℃)。講座から帰ると、満開の「雪割一華」がでむかえてくれました。
この日を待っていたのでした。
しつこくこの花にこだわって、
「ね~おかしいでしょう。」(歌の文句)
ね~かわいいでしょう!(この花)
c0037200_17393753.gifc0037200_17144691.gif









この花 写真写りはいいのですが、とても地味な花です。(花弁に見えるのはガクです。)
葉っぱも冬に鍛えられて緑をあまり残していません。だから余計にCLOSE UPしてやりたいのです。福寿草とともに一番に春を呼び寄せてくれますから。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-09 17:31 | Comments(3)
古きを訪ねて 新しきを知る(鳥取県淀江町)
古代をたずねて鳥取県淀江町まで行ってきました。大山を背に日本海に面した小高い丘の上に古代の人々の営みの跡がありました。
上淀廃寺
c0037200_17115855.gifc0037200_17132976.gif








大陸渡来の仏教文化を導入した郡司の氏寺。↑     中塔心柱礎↑
天神垣神社 石馬c0037200_172196.gif
古墳の表飾品とした石造品。






古代の丘公園                           岩谷古墳
c0037200_17304464.gifc0037200_1731161.gif






天の真名井 (神聖な泉) 日本名水100選の一つ
c0037200_17391338.gifc0037200_1738976.gif








妻木晩田遺跡  弥生時代の集落跡
c0037200_17433584.gifc0037200_17435818.gif







c0037200_1746153.gif雄大な日本海と弓ヶ浜を臨むこの地に弥生人が集落をつくって豊かな営みをしていたことが偲ばれる。





旧石器時代から連綿と続く歴史がここ淀江町にありました。縄文時代、弥生時代(妻木晩田遺跡)、古墳時代(岩谷古墳、石馬)、飛鳥・奈良時代(上淀廃寺)と古代に思いをはせることができました。彼らはどんなメッセージをわれわれに残そうとしたのでしょうか。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-08 18:06 | 中国地方 | Comments(2)
一期一会
3月7日(月)快晴
9:00 バス ペアーレ出発、淀江町へ向かって。岡山道をラン ラン。中国自動車道から米子自動車道をとおって蒜山へ。
出迎えてくれましたこの山並み。
c0037200_22333954.gif空の青さと白い山並み。まばゆいばかりの輝き。








もう少し走ると。



c0037200_2243830.gifこの大山。
この美しさ。
この神々しさ。
この神秘さ。
そしてこの感動を共有した友達。
感謝をこめて「ありがとう」。
一期一会の言葉をかみしめた貴重なときでした。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-07 23:06 | 中国地方 | Comments(2)
雛めぐり
3月6日(日)
陽気につられて倉敷雛めぐりにでかけた。主人と娘と孫と。
東町からスタート。阿智神社、郷土玩具館、新渓園、IKUKO,アイビースクエアーなど。
途中の昼食時間を入れると4時間もかかった。

雛様は時代、作者、素材を異にするものが上手にレイアウトされて飾られ、まっこと美しくおわした。c0037200_22301053.gif先日あるお方と「「住むところ」を選ぶには倉敷がいい。念願どおりになってうれしい。」という意味の会話を交わしたことを思い出した。

屏風祭り、七夕祭り、そして雛祭り。倉敷は古き良き日本文化がよく似合う。しっとり落ち着いて歩ける町だ。行き交う人々の表情もこころなしかなごやか。倉敷に住めてよかった。今日はつくずくそう思った。

アイビースクエアーフロントに飾られていた雛様→
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-06 22:48 | その他 | Comments(0)
ど・こ・か・で春が・・・
3月5日(土)
春が足踏み。空の気配は春なのだけれど。
そうだ、まず春を食べることにしよう。
スーパーへ走った。
c0037200_1646327.jpgありました。
まず見つけたのは「うど」。
これで今晩の食卓に春が盛れる。
金平一品。
たことわかめを加えて酢味噌和え。これで二品。

これだけ加われば春がいっぱい食べられる。
他の惣菜が今日は副に回りそう。
わくわくしながら台所に立つことにしようっと。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-05 17:02 | その他 | Comments(3)