卒業
3月16日(水)晴れ

卒業という言葉の響きには新しい門出、別れと新しい出会いに伴う悲喜こもごもの感情が伴うように感じます。
私自身は小、中、高、大学の卒業。仕事からの卒業でたくさんの人々と会い合い又別れをくりかえしてきました。
卒業という区切りでそのときどきの思い出もより濃くなっているように思います。
あともう一つだけ卒業が残っています。このendingは自分でもどんな形になるかわかりません。

それはさておき今は周りの人たちの卒業を祝いたいと思います。
今日は孫の卒業式でした。
ささやかな祝いの気持ちを込めて紅白の花を今日のページに飾ってやろうと思います。

c0037200_16275068.gifc0037200_16291042.gif








我が家に春を運んでくれたクリスマスローズと長寿梅です。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-16 16:55 | Comments(6)
膨らむ
3月15日(火)曇り
「膨らむ」という語から連想される語彙
 ・希望
 ・期待
 ・夢
 ・芽
なぜか未来志向のよい感じの言葉が一番に浮かんでできます。
今日は希望と期待と夢がいっぱい詰まったような若い芽をさがしてきました。
①                    ②                 ③
c0037200_17112959.gifc0037200_1712260.gifc0037200_17122246.gif






④                    ⑤                 ⑥
c0037200_17215111.gifc0037200_17221950.gifc0037200_17223563.gif






これらが何の「芽」か推察するのも楽しいですね。この芽の中にはどんな花が詰まっているのでしょう?

ところで「膨らんでほしくないもの」もあります。
財政赤字 そして何より わたしの「おなか」  です。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-15 17:33 | その他 | Comments(9)
春を召しませ!
3月14日(月)
旬の食材ほどおいしいものはありませんね。
これから「ふきみそ}を作ろうと思います。
c0037200_1434257.gif実は今日お墓の草取りに行ってみつけました。7坪ほどの墓地なのですが、大きな草は枯れてふきのとうだけが青々として自己主張していました。
かわいい、おいしそう。このままおいておこうかな。
それとも頂戴しようかな。
そして私の食い気がかちました。
命いただいてきました。

いつも作る「ふきみそ」のレシピを紹介します。(NHK今日の料理から)



材料 ふきのとう 200g
    味噌     150g
    砂糖   大匙 4
    酒     大匙 2
    水     大匙 3
    ・塩 サラダ油
作り方
1. ふきのとうは塩少々を加えた熱湯に大きいものからいれ、強火でゆでる。箸でおさえて芯までしんなりしたら水にとり、荒めに刻んで水に10分間ほどさらす。浮かないようにおとしぶたをするのがこつ。
2. なべに味噌、砂糖、酒、水をいれ、中火でぽったりするまできべらで練り混ぜる。
3. サラダ油大匙3で水気を切ったふきのとうをいため、油がなじんだら紙タオルにとり油をきる。これを(2)の練り味噌に加え、1~2分間練り合わせる。

味噌にもよりますので砂糖は好みになさればよいと思います。

ちょっと小鉢で春の食卓を楽しまれませんか。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-14 15:03 | その他 | Comments(6)
倉敷音楽祭点描
3月13日(日)寒波襲来
観光シーズン到来。倉敷音楽祭開幕。
音楽」を自分で表現して楽しめたらいいのになー。
そんな楽しみ方ができないのでいつも「見楽
寒い中を美観地区へくりだしてみた。
演奏者も見学者もブルゥ~。
c0037200_15212036.gifc0037200_1521427.gif








c0037200_15224758.gifc0037200_15275615.gif








倉敷川つたいにのぼって途中から商店街へ。c0037200_15382328.gif
笑顔の素敵なおじさんから饅頭を買う。
おじさんも私も「えびす顔」。
意外に静かな商店街をぶらり。
掘り出し物買っちゃった。



c0037200_15353810.gif
c0037200_153613100.gif

小さな犬のマスコット263円。(孫の顔をうかべながら) 絹100%ソックスしめて1050円。
これだけでささやかな幸せを買った気分。満足。満足。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-13 15:53 | 中国地方 | Comments(2)
夢は 花は 夜開く
月見草
本物の月見草をご紹介します。
c0037200_207421.gif今日重井薬用植物園園長 古谷野寛先生から本物の月見草を教えていただきました。私たちが「月見草」と呼んでいるものは「待宵草」で本物は写真のように白い花を咲かせます。待宵草は野生化して日本各地で見られますが、白色の花のほうは生命力が弱く、野生化もせず、ごくわずかに栽培されているだけです。詳しくは1行目「月見草」をリンクをしておきましたのでクリックしてみてください。
次の歌を思い出された方はありませんか。
1.はるかに海の見える丘
  月のしずくを吸って咲く
  夢のお花の月見草
  花咲く丘よ
  なつかしの
2.ほんのり月の出た宵は
  こがねの並みがゆれる海
  ボート汽笛をならしてく
  お船はどこへ行くのでしょう
3.思い出の丘 花の丘
  今日も一人で月の海
  じっとながめる足元に
  ほのかににおう月見草

歌にもあるように、夜になって白い花を開き、朝私たちの目に触れる頃は赤紫になってしぼんでいます。

まばゆい太陽の光をさけて、夜の月明かりにほんのり一人輝く。人目に触れることはほとんどなくそれでも自分の生を全うするために輝く。そんな生き方できたらいいなー。

今日いただいた種大切に育ててみよう。本物の月見草に出会うために。
[PR]
# by yassy127 | 2005-03-12 20:02 | その他 | Comments(6)