贈る言葉
4月8日(金)曇り
今朝我が家の前を自転車で通り過ぎていった親子
「いってきます。」の声に振り向けば娘と孫
今日は高校の入学式でした。
しばし感傷に浸る祖母
思えば大きくなったものだ
c0037200_1836759.jpgc0037200_18364133.jpg左はやっとお座りできるようになった頃
右は中一の頃
毎年桜の季節には鶴形山で定点撮影をしていました。

大きくなるにつれこの趣味もかなわぬことになりました。
今日も恥ずかしがってカメラに向いてくれません。


祖母はちょっぴり寂しくこれも成長かと自分を納得させています。
祝いの昼食の後「贈る言葉」を考えても陳腐なことしか頭にうかびません。
そこで昨日新聞で読んでいた元楽天の副社長で民間人から中学校の校長になった
本城 慎之介さんの言葉をかりました。
「サボった日を0.9、がんばった日を1.1とます。それぞれを何回も掛け合わせて行くとどうなる?」
0.9を掛け合わせれば「ゼロ」に、1.1を掛け合わせれば「無限大」になる。
ほんのちょっとのチガイでもでもこんな差が出る。毎日を意識して生活しよう。」

言うは安いです。
これが実行できたら言うことなしなんですが。
[PR]
# by yassy127 | 2005-04-08 18:56 | Comments(12)
世の中にたえて桜のなかりせば・・・
4月7日(木)曇り
よりと団子

c0037200_16202448.jpg桜の花はどうしてこんなにも心をひきつけてやまないのだろう。

この薄ピンク色を見ているとほのぼのとしてくるのはなぜだろう。

先週土曜日にはほとんど咲いてなかったのに今日の鶴形山の桜はつぼみを交えてちょうど見頃。(これはロゴ画像に使っているのと同じ木の花です。先週は2輪3輪探すのに苦労しました。)

桜の花の下では花見の宴がたけなわ。
c0037200_171485.jpgc0037200_1713268.jpg阿智神社境内ではお抹茶サービスが。
(Nさん ありがとうございました。とてもおいしかったです。)
時も所も申し分ない設定と思いました。
[PR]
# by yassy127 | 2005-04-07 16:28 | Comments(8)
もらってうれしい物
一人静
4月6日(水)曇り
もらってうれしい物・・・何をもらってもうれしいです。
なかでもうれしい物・・・日ごろほしかった物  です。
そんなうれしいものを昨日頂戴しました。
しかもわざわざ持ってきてくださったのです。
そのご親切なKさんに感謝の気持ちを込めてご披露します。

c0037200_14244693.jpgc0037200_1425649.jpg














これは山野草ですが、みずみずしい葉っぱに高貴な姿の花をつけるので静御前の舞の姿に例えられたのだと思います。
一人静かに遠くを見つめて帰らぬ人を待っている姿でしょうか。
[PR]
# by yassy127 | 2005-04-06 14:04 | Comments(9)
城下町に春の香りを求めて・・・津山
桜はまだかいな
4月5日(火)晴れ
 花冷えのする昨日城下町津山を歩きました。

c0037200_11521431.jpg1日から「津山さくらまつり」が開かれていますが桜はまだ固いつぼみのまま
開花枝を捜すのに一苦労でした。
c0037200_1154936.jpg←備中櫓前の庭園の中の しだれ桜
↓入城門近くの
 そめいよしの
c0037200_1213745.jpg
 桜をめでながら花見弁当をいただいた後は歴史探訪

c0037200_1285181.jpg中山神社
707年創建美作国一宮
本殿 国指定重文
戦国時代兵火にあい尼子晴久再建
c0037200_12112570.jpg中山神社神門
市指定重文
元津山城二の丸四脚門
廃城後移築
屋根は切妻造桧皮葺


c0037200_12152913.jpg高野神社
美作国二宮
源頼朝神門を建立
山名教清神殿修造
毛利元就 小早川隆景神殿修造
森長継公現神殿を造営
c0037200_12212026.jpg元庄屋「石家」住宅




c0037200_12225716.jpg

c0037200_12235072.jpg散策途中にはさまざまな花が咲いて津山路は春盛りでした。
                       白色タンポポ
花にら
[PR]
# by yassy127 | 2005-04-05 10:46 | Comments(6)
寄らば大樹の・・・
4月4日(月)晴れ
こんな「大樹」の方はおられますか。
c0037200_2074529.jpg名木百選
中山神社の「ムクノキ」
(津山市一宮)
樹齢 500年
周囲 5.3m
樹高 23m







c0037200_20112332.jpg中山神社の祝木の「ケヤキ」
樹齢 800年
周囲 8.5m
樹高 10m

これだけ貫禄ができると存在感がありますね。
神格化している感じもします。






もう一つc0037200_201839.jpg                       津山市指定天然記念物
宇那堤の森  「椋の木」
樹齢 700年


葉をおとした骨格の姿ですが余計に威厳を感じます。
これが緑の衣をつけたときはやさしい包容力に変わるのでしょうか。
こんな男性がおられたら・・・
[PR]
# by yassy127 | 2005-04-04 20:30 | Comments(4)