<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
入院します。
このコンピュータはまだ1年半にしかならないのですが、最近機嫌がよくないのです。
しばらく入院しなければならないようです。
あーぁ PCの無い生活は考えられない。
c0037200_16244261.jpg

時計よ!今回だけ早く回っておくれ。
[PR]
by yassy127 | 2006-06-17 16:25 | Comments(16)
WORDで本つくり
を学習しました。
テーマとレイアウトを決めて
ページ設定
ページ作り
表紙、目次 前書き
ページ番号挿入
手差し両面印刷で印刷

手馴れた人には簡単な操作と思われますが、どの段階も苦労しました。
やっと1冊(写真左側)出来上がったので、忘れないうちにもう1冊(写真右側)作ってみました。
今度製本テープをいただいて仕上げしたいと思います。
c0037200_1050874.jpg

中身は写真を主体に構成しました。
c0037200_10504733.jpg

12ページの自分だけの本
苦労した分出来上がると嬉しいものです。
[PR]
by yassy127 | 2006-06-16 10:50 | Comments(12)
一日の美しさ
ユウスゲは夕方咲いて朝にはしぼみます。
c0037200_6283868.jpg

c0037200_622452.jpg4時半ごろ開き始めました。
夜の間にこの美しさと香りで虫を引き寄せるのです。
ヘメロカリス属
ギリシャ語でヘメロ(1日)+カリス(美しさ)
文字通り一夜の命です。

昨日から黄色い花が続きました。
これも捨てがたい美しさ気品にみちた美しさをたたえていると思います。

重井薬草園の古谷野先生はこの花をおひたしにしたり天ぷらにして食べられるとおっしゃるのですが、この花を見ているとどうしても摘み取ることができません。
[PR]
by yassy127 | 2006-06-15 06:26 | Comments(4)
美女柳
トラックバック
trackbackのtrackbackさせていただきました。
reikoさんのキンシバイがとても美人に見えたのでもう一つよく似た美人を撮ってきました。
c0037200_6435590.jpg

c0037200_6441427.jpg非常によく似ています。
雄蕊が金色に輝いています。
葉っぱは柳の形をしています。

まつげのながーい美人
これはreikoさんをたとえたようです。

中国では楊貴妃を例えた言葉からとったとも。
美容柳、未央柳 金線海棠など沢山の名前を持っています
花言葉は「幸せ」
幸福の黄色い花と呼びましょう。

*調べてみました。
どちらもオトギリソウ科オトギリソウ属の花だと分かりました。
よく似ているわけですね。
[PR]
by yassy127 | 2006-06-14 06:48 | Comments(6)
蜂の一刺し
庭木が茂ってきました。
もうすぐイラガが発生します。
昨日は武装して出陣、剪定に取り掛かりました。
無事に終了と喜んでいた矢先のこと。

足に激痛

トレパンをめくってみても犯人はみえません。
襲撃の跡の小さな穴が見えます。
ふりかえれば1匹の

救急へ急ごう。
アンモニア液を塗布して着替えをしていると
段々痛みが和らいでくる感じが。
そのうち夫が帰宅。

犯人を特定してもらおうと現場へ行ってみたが・・・
すでに姿なし。

さては一刺ししてどこかで息絶えたか。

小さな体を張ってよく戦ったものだ!
敵ながら天晴れ!

(痛みが和らいでくると心も寛容になってきている)・・・ゲンギンなものです。

c0037200_6551936.jpg


c0037200_6555320.jpg

チンシバイ
遠くから見ると 雲か泡雪
近くで見ると 小さな梅の花
蕾は白玉団子
[PR]
by yassy127 | 2006-06-13 06:58 | Comments(8)
山の畑で
桑の実を・・・・・・・・・・・いつの日か。

c0037200_6491230.jpg

昨年桑のミニ盆栽をHCで見つけました。
小さな実が2個ついていました。
知らない間に色づいて知らない間になくなっていました。

小さな(20cm位)の木に今年はいっぱい実をつけています。
桑にもいろいろ種類があるようですが、実の大きさから推し量ってもあまりに小さくて判定できません。
ちょっと口に入れてみました。
懐かしいおいしい味でした。
子供の頃、
文字通り山の畑のほとりに1本だけ自生している桑の木がありました。
子供の足では遠い感じのこの桑の木までよくかよったものです。
誰にもらったのか記憶も定かではありませんが、
蚕の幼虫をもらってきて飼育しました。
繭を作るまでわくわくしながら蚕の変身を眺めていました。

あの遠い日の思い出がこの桑を買いたい衝動をおこさせたのでした。
c0037200_6581490.jpg

[PR]
by yassy127 | 2006-06-12 06:58 | Comments(10)
ノスタルジック ウオーク
6月6日竹原町並み保存地区をてくてくしてきました。

c0037200_7104274.jpg歩道に設置されているこの案内板、一見マンホールの蓋かと思いました。
平安時代京都下鴨神社の荘園として栄えたところから「安芸の小京都」とよばれています。
江戸時代には製塩や酒造業で栄えたお屋敷が軒を連ねています。


c0037200_7205250.jpgc0037200_7214280.jpg











c0037200_7243437.jpg←竹鶴邸
酒造業で浜主
屋根が段々高くなっています。

c0037200_7275644.jpg






→松阪邸
「てり、むくり」のついた屋根
大工さんは「なかせやね」と呼んでいたほど難しいつくりだそうです。
c0037200_7352512.jpg←「げぎょ(懸魚)」がどの棟にもかざられています。








ガイドさんのお話しによると電柱を通りからはずし、裏通りに設置するなど観光に力を入れているようです。また頼山陽などの文人を輩出した町でもあります。
倉敷の街と非常によく似た印象を受けました。


c0037200_805854.gif


今日もいい日になりますように!
c0037200_81514.jpgc0037200_814746.jpg
[PR]
by yassy127 | 2006-06-11 07:38 | Comments(8)
四徳を持つ花
梔子が咲きました。
梅雨の重い空の下でひときわかぐわしい香りを放っています。
c0037200_8153789.jpg

清らかな香り
純白な花色
橙色の可愛い実
つやつやしい緑の葉

一鉢あると年分たのしませてもらえます。

c0037200_8252266.gif


今朝は静かな夜明けをむかえました。
c0037200_8191045.jpg

ゆらゆら揺れる初恋のもどかしさ 灯りの美しさ
心は燃えていく 癒えていく。
[PR]
by yassy127 | 2006-06-10 08:25 | Comments(6)
入梅
が昨日発表されました。
アジサイの似合う季節です。
七変化とはうまく表現したものです。
c0037200_7175264.jpgc0037200_7181497.jpg










c0037200_7185593.jpgc0037200_719114.jpg









小さなヤマアジサイの変身を毎日眺めるのも楽しみなものです。

c0037200_7224261.jpg←好きなアジサイです。

↓これもすきです。
アジサイまんじゅう どうですか。
c0037200_724697.jpg
[PR]
by yassy127 | 2006-06-09 07:25 | Comments(6)
グリーンピース ムース
昨晩作ったものができました。
c0037200_6562869.jpg

ここを参考にしました。
[PR]
by yassy127 | 2006-06-09 06:56 | Comments(4)