盆栽研修
20日に貸し切りバスでまず着いたところが大東園(新居浜市)です。
写真はこちらをご覧ください。

ここは盆栽大家の一人岩崎大蔵氏が私財を投じて作り上げた広大なお庭です。
岩崎氏が長年かけて作り上げた庭園はため息の出るような見事さです。

盆栽庭園のなかから一部をピックアップしてみました。


枯山水庭園、樹木庭園



昼食後は鬼無植木盆栽センターへ直行
ここでも、きなし盆栽・植木まつりが開かれており大勢のひとが押しかけていました。
盆栽名品展
c0037200_6391180.jpg

創作庭園
c0037200_6395487.jpg

鬼無小学校児童盆栽作品展
特産品オークション
うどんコーナー
盆栽・植木・草花大即売会
相談コーナー など

盆栽に一日漬かった旅でした。
感性を養えたかと問われれば、

疑問です。あまりに立派すぎて、差がありすぎて、手が届きません。
盆栽は時間も要ります。
素人は小さな苗をちまちまいじって、少しばかりの生長を楽しみ、花や実を愛でて、
自分だけの満足が出来ればいいと思っています。
植物の日々の変化を見つめることは、自分の変化の鏡でもあります。
植物の生長と自分の退化が比例しないようにがんばらなければね。
[PR]
by yassy127 | 2007-10-23 06:54 | Comments(15)
Commented by usatyu4 at 2007-10-23 08:01
すばらしい庭園とすばらしい盆栽。よいところへ出かけられましたね。yassyさんの写真を眺めるだけで満足です。わかりやすく編集されて、立派な庭のようすがよくわかりました。ありがとうございます。
Commented by mhide-mh at 2007-10-23 08:08
いや~ 立派な盆栽ばかりですね!
ここまで育てるには一代で可能なのでしょうか?
子供の頃からでも無理な気がしますが・・・
このような盆栽を見ると悠久の時をかんじますね。
でも、小学生から始めているんですね。さすが本場!
Commented by yoas23 at 2007-10-23 08:36
良い考え方ですね。
毎日だとほんの少し・・どう変わったかも分からない成長は、
人の場合と同じですが、その変化を探って行く楽しみを見付けて、
尚、自分自身も成長して行くなんて、哲学的ですね。
そう言えばどんな趣味でも道は同じですね。
要は、考え方、捉え方の違いで楽しみ方も違って来るように思います。
Commented by miyakeoriibu at 2007-10-23 14:31
新居浜には素晴らしいところがあるのですね。
研修所を見せていただきました。
素晴らしい庭園と盆栽。
目の保養・心の洗濯になりました。
yassy様の編集にも文章にも感動しました。
我が家でも粗末ですが、舅が大切にしていた皐月や蘭・黒松の盆栽・五葉の松の盆栽等があります。
心の鏡として私たちが大切に世話をしなければと思いました。
物の考え方を教わりました。
ありがとうございました。
Commented by bisui at 2007-10-23 14:39 x
大東園は5年前に見学しましたが、今回の写真を見せて頂いていますと庭園の素晴らしさ4が次々と思い出されてきました。加えて動画の素晴らしい編集で盆栽、庭園共に益々引き立てられています。
鬼無も一昨年に見学しましたが、何時もながらの小学生の作品展があって、地域を上げての盆栽祭りは印象に残ります。今年は残念ですが参加出来ませんでしたが次の機会には参加できるようになりたいと思っています。
Commented by ひーちゃん at 2007-10-23 21:32 x
盆栽は職人の技 枯山水はそのうえ才力もいりますね
しかし 言葉も説名もいりませんね
yassyさんの しめくくりのことばが胸にしみました
分をわきまえること 足るを知ること 大切なことですね
Commented by yassy127 at 2007-10-23 22:00
usatyu様 コメントありがとうございました。
いいところでした。
でも眺めるだけです。
講師から説明を聞いて少し分かりましたが、それでもちんぷんかんぷんです。一生のうちにこれだけできる財力もすごいでしょう。
Commented by yassy127 at 2007-10-23 22:03
mhide様 コメントありがとうございました。
おっしゃるとおり2000年ものなどあります。
悠久のときとはいい表現ですね。
大きな木を山から取ってきてそれに接いで仕立ていくそうです。

鬼無の小学生の取り組みには恐れ入りました。
Commented by yassy127 at 2007-10-23 22:10
yoas様 コメントありがとうございました。
飛騨の大自然に囲まれていると、盆栽はちっぽけな世界に感じられるでしょうね。
木は自然のままそのある場所でのびのび育ててやるのが一番いいと思います。
人間のエゴで人間の好みのように無理やり窮屈な思いをさせることにいささか抵抗があります。
そんな意味でも山野草など育てるほうがまだ救いがあります。
でも山野草ですら鉢の中に収めるのはかわいそうです。

そう思いながら盆栽芸術も又立派な芸術だと思っています。
矛盾だらけですが。
Commented by yassy127 at 2007-10-23 22:14
miyakeoriibu様 コメントありがとうございました。
盆栽も奥が深いですね。
いつまでたってもよくわかりません。
針金かけも剪定も施肥も水遣りもなかなかうまくなれません。
ときどきこうしたプロの作品を見て感性を養いなさいと講師はおっしゃいます。
でもセンスのないものはだめですね。
oriibuさんのところには舅様のよい盆栽が沢山あるのですね。
お世話が大変ではないですか。
Commented by yassy127 at 2007-10-23 22:21
bisui様 コメントありがとうございました。
出来るだけ詳しく報告したいと思いましたがうまく出来ませんでした。
鬼無は前回とほとんど変わっていません。
おうどんまで同じでした。
どこが違うかと思ってみてもなんにも気付きません。
大東園は以前よりは整備がよく出来ていました。
会長さんも技術者の細川さんも展示会へ行って留守でした。
植木の世話係4名、草取りなどする人3名がいるそうです。
その中の一人が案内をしてくれました。
それから盆栽の育成をしていたところの横に大きな茶室が建築中でした。
次回ご一緒できるといいですね。楽しみにしています。
Commented by yassy127 at 2007-10-23 22:26
ひーちゃん様 コメントありがとうございました。
お言葉有難うございました。
財力もなし、センスもなし、それに残された時間も少ないものが盆栽をどうこうすることは出来ません。
ただ、今現在の徒然を植物に癒してもらっています。
園芸は癒し効果が大きいですね。
Commented by Rohman at 2007-10-23 23:15 x
プロの技の素晴らしさに、ただただ感動です。
鬼無は聞いたことがありますが、あとはしりませんでした。

完成度が高いと、近寄りがたいですね。
Commented by yassy127 at 2007-10-23 23:19
Rohman様 コメントありがとうございました。
プロはすごいです。近寄りがたいです。
大東園はこれで2回目、鬼無の盆栽センターは3回目でした。
どちらも講師推薦のところです。
私も教えていただくまで知りませんでした。
Commented by 影月 at 2008-01-17 12:17 x
ご落札頂きますとYahoo側より落札通知mailが届きます。,※auction-master@mail.yahoo.co.jpからです。,出品者からのメッセージ欄に、,当店とのお取引方法を記載しておりますので、,ご確認頂きお客様よりお手続きをお願い致します。,※携帯受信の方やメールの設定にご注意ください。,,,http://linainfo.net/movie/mov0028.zip,良くあるご質問や出品補足ページです。,※ご入札は上記をご同意頂いた上でお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 豆名月 倉敷屏風祭 >>