幸せを感じさせる花
c0037200_2331793.jpg


バラが咲いた。
小さなたった1輪の花。
なぜか心を吸い寄せられる花。

小さくて、たった1輪なのに、狭い庭に存在感を感じる。
見るほどに幸せがふくらむかんじがする。
[PR]
by yassy127 | 2007-10-12 23:35 | Comments(14)
Commented by yoas23 at 2007-10-13 03:35
マイク真木の「バラが咲いた」の世界ですね。
私にすれば「花とおじさん」かも?(笑)
でも一輪の花って、団体で咲いてるより存在感がありますよね。
それが高貴なバラならば余計に・・・

バックが黒なので引き立って・・とてもきれいですよ(^^♪
Commented by yassy127 at 2007-10-13 07:01
yoas様 コメントありがとうございました。
これは数年前母の日に届いたバラなので余計思いいれがあります。
バラの栽培がよくわからなくて四苦八苦しています。
なので1輪咲いてくれるとうれしくてなりません。
いつも記念撮影して記録に残しています。
Commented by tomochi112 at 2007-10-13 08:46
たった一輪でも咲いたら嬉しいですよね。
それが娘さんからの感謝の気持ちが込められて贈られたお花なら尚更のことでしょう。
きれいに咲きましたね。
今ブルームーンが咲いているのですが花も葉も傷んでいるんですよ。(v_v)
Commented by yassy127 at 2007-10-13 09:49
tomochi様 ありがとうございました。
そうですね。
たった1輪だから余計貴重に思えたのです。
これが長く咲いてくれればいいのですが、盛りを過ぎた花を見るのはさびしいですよね。
ブルームーンは青いバラですよね。
珍しい貴重な品種でしょう。
Commented by naoscolor at 2007-10-13 11:10
私もこの一輪のバラに心満たされました。
Commented by yassy127 at 2007-10-13 11:22
naoscolor様 コメントありがとうございました。
同感していただきうれしいです。
Commented by usatyu4 at 2007-10-13 12:05
昨日RSKで、RSKバラ園から中継していた番組を見ました。そしたらyassyさんのところでバラをみて、行ってみたくなりました。
Commented by Rohman at 2007-10-13 12:08 x
けがれのない美しい姿です。バックの黒がいっそう引き立てています。

薔薇の薔はミズタデ(沢蓼)、薇はゼンマイのこと、
二つ併せてバラと詠ませるのは少々苦しい。

花言葉は知らないが悪くはなさそうてす。
Commented by ビッグアーチ at 2007-10-13 13:03 x
これは綺麗です。形といい花色といいとても心奪われますね。
yassyさんてこんなかな?そうだったらいいな、いいように想像させて下さい(笑い)
Commented by miyakeoriibu at 2007-10-13 15:17
柔らかい色の素敵なバラですね。
娘さんからのプレゼントだったら余計に想いがありますね。
娘さんもこのバラのように優しい奥ゆかしい方でしょうね。
Commented by yassy127 at 2007-10-13 19:31
usatyu様 コメントありがとうございました。
四季咲きのバラが咲く季節でしょうか。
秋はどの花も花色がさえますね。
春にバラ園や種松山のバラはよく見るのですが、秋は行ったことがないことに気づきました。
Commented by yassy127 at 2007-10-13 19:34
Rohman様 コメントありがとうございました。
順光で撮影したのにバックが黒くなりました。
光量の差が大きかったためでしょうか。
薔薇の漢字はむずかしいですね。
どうしてこんな漢字を当てたのでしょうね。
Commented by yassy127 at 2007-10-13 19:39
ビッグアーチ様 コメントありがとうございました。
>yassyさんてこんなかな?
お教しましょうね。よく似ています。
トゲのあるところだけね。
私からとげを取って〇十歳若くしたら少しは・・・なんてことは全然ありません。
私にない雰囲気だから心惹かれるのですね。
Commented by yassy127 at 2007-10-13 19:44
miyakeoriibu様 コメントありがとうございました。
こんな花だったら、そこに存在するだけで、みんなの癒しになるでしょう。
時々こんな雰囲気の方にお会いすることが出来ていましたが、このごろはまったくそんなチャンスがなくなりました。
せめて花にでもそんな雰囲気を求めてみたくなります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< おかやま食と花の祭典 秋風の色 >>