インディゴの恋人
NHK地域発信ドラマ「インディゴの恋人」の
展示会がアイビースクエアーで行われています。
c0037200_12430082.jpg
宣伝ポスター

c0037200_12414173.jpg
ドラマ制作ショット

c0037200_12420389.jpg
c0037200_12421884.jpg
c0037200_12422845.jpg
「壊れたマリア」野中みゆきさん制作

c0037200_12411233.jpg
倉敷のドラマということでとても興味があります。
インディゴというとエスニックな感じがしますが、
これは青藍という意味です。
藍にかかわる二人が愛で結ばれる物語です。


[PR]
by yassy127 | 2016-01-23 12:51 | Comments(4)
Commented by yuzu-miu at 2016-01-24 06:44
見たいけど、午後⒑:00からは既に爆睡しているし、録画装置も無いし、
再放送があるのを期待するしかありません。
Commented by 鉄砲玉 at 2016-01-24 07:06 x
ご当地の映画は興味がありますね。
知っている所や事柄がどのように紹介(表現)されるか楽しみでしょう。
デニムと言えばジーンズ、倉敷らしい題材ですね。
Commented by yassy127 at 2016-01-24 20:49
yuzu-miu様 コメントありがとうございました。
残念でした。
きっと再放送があると思います。
yuzu-miuさんも懐かしく思われるところが出てくると思うのですが。
今「天皇の料理番」のDVDを見ているのですが、これにも倉敷がよく出てきます。
このロケの時は私ものぞきました。
Commented by yassy127 at 2016-01-24 21:00
鉄砲玉様 コメントありがとうございました。
ジーンズに傷加工をして、着古したように見せかける加工をするんですね。
私にはちょっと理解しがたいかっこよさの感覚です。
タクシーや駅やバスなどにもデニム加工があったり、市長さんもデニム生地の
服を着たりと、しきりに宣伝しています。
着物も登場しました。洗うほど趣が出てくるところはいいのですが、作業時に
似合うものだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 凍てつく朝 初雪記念日 >>