民の竈は賑わいにけり
仁徳天皇の御製「高き屋に 登りて見れば煙立つ 民のかまどは 賑わいにけり」と言うのはこのような光景だったのだろうか。
c0037200_2205943.jpg

減税をして民が豊かになって初めて自分が豊かになるという為政者が昔はおられたのですね。
[PR]
by yassy127 | 2013-09-19 22:03 | Comments(14)
Commented by aba-n-c at 2013-09-20 11:21
遅くなりました。

>民が豊かになって・・・
このような事を何時も主人が口にしております。

民と迄は言いませんが・・・
回りの人達が幸せにならないと・自分達だけ幸せにはなれないと・・・(浮かれてる時に言われます・トホホ・・・)
Commented by motokick802 at 2013-09-20 12:03
こんにちは。
ほのかに染まる優しい空の色が素敵ですね♪
のどかで穏やかな風景を見ていると
平穏に暮らせていることは幸せなことだなって感じました^^
Commented by rohman at 2013-09-20 14:55 x
一昔前の風情を連想します。
落ち着いてのどかな風景ですね。こんな中にとけ込んで行けたら
しあわせですね。

  霞みけり 山消え失せて 塔一つ    正岡子規
Commented by ひーちゃん at 2013-09-20 15:56 x
これは たそがれゆく 吉備路のふうけいですか?
たかき屋に 登りてみれば 煙立つ 民のかまどはにぎわいにけり
この写真にピッタリの御歌です
こんな風景の中にいたら
古代へとタイムスリップ出来そうです
Commented by yassy127 at 2013-09-21 00:38
aba-n-c様 コメントありがとうございました。
立派なご主人さまですね。
この夫にしてこの妻あり この妻にしてこの夫あり の立派なご夫婦とお見受けします。
岡山には日本三大名園の一つ後楽園があります。
岡山城主が「人々が憂えるのに先立って憂い、天下の人の楽しんだ後から楽しむ」という意味でつけた名前だそうです。
儒教の精神にのっとっているようです。
Commented by yassy127 at 2013-09-21 00:49
motokick802 様 コメントありがとうございました。
空の色は人間の感情のようにいろいろな表現を見せてくれますね。
おっしゃられるように穏やかに感じられるとき、起こっているように感じるとき、人を拒否しているように感じられるときなど、変化に富んでいて面白いですね。
でも写真に撮るのはとても難しいものですね。
穏やかな気持ちにさせてくれる時はとても幸せに思いますね。
同感です。
Commented by yassy127 at 2013-09-21 00:49
rohman 様 コメントありがとうございました。
もちろんこの煙はかまどではありませんから、こじつけてしまいって申し訳ありません。
ただ白くたなびく煙の美しさは格別でした。
太陽の灯りがある数分だけでした。
なので余計感慨深かったです。
子規のいい句をありがとうございました。
Commented by yassy127 at 2013-09-21 00:54
ひーちゃん 様 コメントありがとうございました。
お見事、吉備路だと、よく分りましたね。脱帽です。
これは国分寺から西の方を向いて眺めた景色です。
今吉備路では実りの時を迎えています。
今年は赤米(古代米)も植えられていて、余計古代を感じさせてくれます。
平和な民の暮らしが見えるようですね。
Commented by miyakeoriibu at 2013-09-22 21:05
民のかまどは 賑わいにけり
今の政治家にこのような思いを持って政治を行っている人がいたら
日本はもっと住みよい国になっているのでは・・・・・。
御歌にぴったしのお写真ですね。
Commented by yassy127 at 2013-09-22 21:41
miyakeoriibu様 コメントありがとうございました。
おっしゃられる通りです。
政治家だったらましなのですが、私は政治屋ひ引きずり回されているように思えてなりません。
政治に頼るだけではいけないことはわかっていますが、尊敬できるリーダーに巡り合いたいものです。
Commented by satami1224 at 2013-09-22 22:45
私もこの景色 見たことが有りますよ ひーちゃん 様と同じです。
本当に のどかな景色 時間の流れも ゆったりと・・・・
そんな感じの 風景ですか。
Commented by yassy127 at 2013-09-22 23:34
satami1224 様 コメントありがとうございました。
吉備路はいつどこから眺めても気持ちのいいところですね。
それに季節ごとにいろいろな植物で彩ってくださって、感謝です。
Commented by 鉄砲玉 at 2013-09-23 15:11 x
ほんと、この写真は竈から昇る煙を連想させますね。
平和に暮れ行く日が映し出されているようです。

何事も無く無事に過ごせることは有り難いですね。
Commented by yassy127 at 2013-09-23 21:33
鉄砲玉様 コメントありがとうございました。
ほんとは田んぼで何か燃やしていたのではないかと思われます。
それでもこの煙が気になって下手にこじつけました。

おっしゃるようにこの景色がのどかで平和な時を感じていただければ幸いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 吹屋ベンガラ灯り 初秋の香り >>