こころの詩
5月4日(水9晴れ
もう一度八代亜紀の絵画を見に行きました。

c0037200_21402774.jpgc0037200_2211952.jpg閉店まぎわに急いで撮ったので
しかもフラッシュをたかないで明るさの十分でないところの撮影だったので
よくないですが少し紹介します。
右 僕たち兄弟




c0037200_21443145.jpgc0037200_21445139.jpg左 陽春の富士
右 天使の詩が聞こえる










c0037200_21463346.jpgc0037200_214924100.jpg右 時は流れて
左 やすらぎ









繊細で緻密、忠実な写実と抽象、どれも見事で八代亜紀の多才ぶりに感服です。
ジュディオングの版画絵もまた見たい・・・ないものねだり・・・ですね。
[PR]
by yassy127 | 2005-05-04 21:42 | Comments(6)
Commented by tomochi112 at 2005-05-04 22:35
三越大好きでした。それが・・・閉店が決まってからの売り出しは”良い物を安く”ではなくなって、売れ残りを集めて売っているような商法?に思えたので最近ご無沙汰でした。
でも残すところあと1日、三越最後の日を見届けたい!だけど淋しくなるしーどうしようかな?どちらにしても「三越さん、今までありがとう!」です。
Commented by yassy127 at 2005-05-04 23:19
tomochiさんコメントありがとうございます。
今日もすごい人でした。
いつも歩いていたところをかみしめながらあちこち歩きました。
今日「西湖」で夕食をとったのですが、ここも三越の系列なのでここを閉店すると西湖という店はなくなってしまうそうです。(以前は4店あったそうです。)店長さんの身分まで心配になってきました。
Commented by geruka at 2005-05-05 07:29
八代亜紀ってすごい才能ですね
わたしも見て回りましたが、歌手の余技とも
思えない作品でした
世の中、天から二物も三物も与えられている方が居るもんですね
Commented by atetu2 at 2005-05-05 08:04
はなやかな絵画とは裏腹に三越がとうとう最後の日を迎えましたね。
さみしいですね。本当に。
八代亜紀さんの絵はそんなにスゴイのですか?
知りませんでした。
Commented by yassy127 at 2005-05-05 20:35
gerukaさん こんな催しが三越らしいと思いますね。2日は1日中八代亜紀が三越にいたそうです。
八代亜紀によると「絵を描くことは歌手生活の疲れを癒してくれる」そうです。
いろいろな催しをしてくれるのが三越の魅力でした。
Commented by yassy127 at 2005-05-05 20:40
atetuさん 八代亜紀の絵の中に描かれているシャボン玉、硝子の器、動物の表情(特に目玉)など、特に目を引きます。短時間で仕上げられる絵ではありません。とても丁寧な筆致です。美しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三越閉店 今倉敷が熱い >>