がいっぱい感じられるようになりました。
冬着を着込んで春を探してきました。
気持がほんわか、
   ゆるんでくる感じがしました。
土筆を見つけ咲いた花を眺め、頬に暖かい風を感じて
幸せ気分で帰りました。

c0037200_2337933.jpg
c0037200_23373466.jpg

[PR]
by yassy127 | 2011-03-30 23:37 | Comments(10)
Commented by aba-n-c at 2011-03-30 23:44
土筆の本物は・ここ何年も見たことありません。(悲)
この花は何ですか?桜に見えますが・まさか桜ではないわよネ?
それにしても良い色!
もぅ直ぐ春ですネ?
Commented by yassy127 at 2011-03-31 08:10
aba-n-c様 コメントありがとうございました。
ここは倉敷川沿いです。
車で10分くらい走ると、こんなにのどかなところがあります。
川沿いの土手にはつくしがはえています。
そして川沿いには1000本の河津桜か植えられています。
まだ若木ですが、ソメイヨシノより早く開花します。
これは数日前の写真ですので、いまはもう満開を過ぎていると思います。
Commented by aba-n-c at 2011-03-31 10:52
はい・はい・はい・・・「河津桜」ですね。
だったら開花の早いのが分かりました。(汗)
Commented by bisui at 2011-03-31 14:39 x
土筆の写真、良い構図ですね。暖かい春を表現している事が、活き活きとして伝わって来ます。倉敷川の桜も、もうこんなに咲いているのですか。ここら辺りは以前、元気な頃、倉敷ツ-デイマ-チで歩いた事もあるので、バックの風景から場所もよく分かります。
久し振りにブログアップされたので、お元気になられた様子、何より安心しました。大分お疲れが長引いたようですが、この後くれぐれもご健康に気を付けて下さい。
新聞でご主人の写真を拝見しました。益々腕を上げられていますね。今後もご活躍を期待しています。
私の方は先日教えて頂きました、写真の拡大が出来ましたので、ブログに載せています。これは一度設定しておくと、ずっと有効なのですね。有難うございました。
Commented by Rohman at 2011-03-31 17:18 x
さすが、ツクシ 一つ撮っても、盆栽の素養が出ますね。
形ができていて、素晴らしいです。

やはり季節は春ですね。河津さくらは、寒緋桜 × 大島桜
少々寒くても早咲きですが、もう、すっかり満開で春酣といったところ。
気分がいいです。
Commented by mhide-mh at 2011-03-31 19:46 x
アラッ もうお帰りでしたか。

先日は倉敷川までご案内ありがとうございました。
あの日は風が強く、河津桜をUPで撮ることができませんでしたが
全体的には満開で見頃でした。
Commented by yassy127 at 2011-03-31 19:57
aba-n-c様
ごめん ごめん。
いつも説明不足でご迷惑をおかけしますね。 
Commented by yassy127 at 2011-03-31 20:06
bisui 様 コメントありがとうございました。
先ほどおじゃまさせていただきました。
さすが美しい写真でした。

私はあの時の風邪も治って元気になりました。
ご心配いただき申し訳ございません。

このところ写真は夫が取り上げられることが多くなりました。
これもうれしいことです。ありがとうっございました。
Commented by yassy127 at 2011-03-31 20:15
Rohman 様 コメントありがとうございました。
河津桜は春たけなわのようですね。
土筆はもうおしまい?かしら。
この写真を撮るときもずいぶん探しました。
やっと見つけたのがこんな盛りを過ぎたようなものでした。
土筆は好きなのですが袴を取る作業が面倒ですね。
なのでこの頃は土筆とりには出かけていません。
河津桜ご終わったころ鶴形山の桜が美しくなります。
国分寺や酒津の桜も見逃せません。
明日は四国へ桜の撮影に行く予定です。
Commented by yassy127 at 2011-03-31 20:19
mhide-mh 様 コメントありがとうございました。
いえいえどういたしまして。
ご一緒にゆっくりしたかったのですが、午後の予定が詰まっていてごめんなさい。
ここはいつも風が吹き抜けます。
午前の早い時間だったらいいのかなと思うのですが、あいにく
その時間には行ったことがありませんので確かなことはよくわかりません。
明日はまたお世話になります。
楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 曹源寺庭園 Life Must Go On >>