登檣礼(とうしょうれい)
日本丸が今日14時宇野港を出港しました。
最後の見送りに行ってきました。
午後1時には人も少なく静かな光景でした。
c0037200_20231469.jpg

幼稚園児が見送りにやってきました。
c0037200_20244448.jpg

午後2時こんなに人が集まりました。
c0037200_20261813.jpg

登檣礼(とうしょうれい)の準備に移動がはじまりました。
c0037200_2027534.jpg

「ごきげんよう」と叫んでいます。
「・・・よう」のところで帽子をかざしています。(次の2枚はクリックしてください。大きい画像にしています。)
c0037200_20285490.jpg

c0037200_20301159.jpg

とうとうお別れです。
c0037200_20354982.jpg

岸壁の人、船上の人が手を振りあっています。
c0037200_20363590.jpg

c0037200_2037017.jpg
c0037200_20372646.jpg

島陰に隠れるまで見送りました。


   BON VOYAGE!!


参考
登檣礼(とうしょうれい、Manning the yards)とは帆船の出航時に船員が帆桁(ヤード)などに配置し、見送りに来た来客に対する謝礼を意味する儀式。最高のお別れの儀式。
[PR]
by yassy127 | 2010-05-31 20:40 | Comments(12)
Commented by Rohman at 2010-05-31 21:00 x
 登檣礼、いい言葉ですね。
そして、素晴らしい、出会いでしたね。
こうした、緊張感のある出会い、少なくなりましたね。
大切にしたいものです。
Commented by yassy127 at 2010-05-31 22:04
Rohman 様 コメントありがとうございました。
2回会っただけなのに情がわいてくるものですね。
別れの時はジーンときました。
実習生がこちらに降りてきて交わってくれたからでしょうか。
帆桁にいる人たちがみんな知り合いのような、身近な人との別れのような気がしてきました。
この人たちが非常事態に巻き込まれませんようにと祈りました。
Commented by canape2 at 2010-05-31 22:41
こんばんは。

美しいですね。
そして実習生の方たちの凛々しい事! 胸がジンと熱くなりました。 
平和を祈ります。

素晴らしいお写真を、又拝見させて頂き、ありがとうございました。
Commented by yassy127 at 2010-05-31 22:50
canape2様 コメントありがとうございました。
こんばんは。
この船上はきっと厳しい訓練場だと思います。
日々体力と技と知識を磨きあげていることでしょう。
彼らの会得したものが平和利用だけに使われますようにと祈ります。
写真はだめですが、私の感動がお届けできましたらうれしいです。
Commented by satami1224 at 2010-05-31 22:51
 登檣礼と言うのですか? yassy127さんの思いが伝わります。
帽子を振ってごきげんよう・・・本当に凛々しい姿 カッコいいですね。
平和を 祈ります。
Commented by yassy127 at 2010-05-31 23:00
satami1224様 コメントありがとうございました。
登檣礼という言葉も知らなかったものですから、とても興味深く
感じました。
素晴らしい儀式があるものですね。
立派な生徒さんに幸あれと祈ります。
Commented by mhide-mh at 2010-06-01 08:28
昨日はどうもすみませんでした。
めったにないチャンスだったのに残念でした。

別れはどんな場合も寂しいですね。
トウショウレイ 初めて聞く言葉です。
情けないことに難しい字で「ショウ」がIMEパッドが画面からすぐ消えて手書きもできません。Vistaが悪いのかな?

昔から水兵さんは憧れの的でしたが、二度と「兵」という字を使う時代がこないことを祈りたいですね。
島影に消えていこうとする最後の写真 ジンときます。
Commented by yassy127 at 2010-06-01 09:35
mhide-mh 様 コメントありがとうございました。
こちらこそ。私の判断ミスでした。
最初の段階でお電話しておけばよかったと思いました。
私もこの儀式は初めてですのでどんな感じかわからないで、お勧めする値打ちがあるものかどうか迷いました。
出帆は帆を上げるのかと思いましたらエンジンで出港したのでこれも驚きました。
実は今日提出の写真が1枚しかなくて、どうにかしなくてはと思って、出かけました。
これからどうにかしなくてはなりません。
Commented by bisui at 2010-06-01 14:39 x
何時の日でも、お別れは何となく寂しいものですね。実習生の皆さんもマストに登って同じ思いで出港されたと思いますが、一番上などは、かなり高いので、慣れているとは言え、やはり怖いでしょうね。それでも若いと言う事は本当に素晴らしい、私のこんな時はもう遠い昔になってしまいました。
Commented by ひーちゃん at 2010-06-01 19:04 x
登檣礼 とうしょうれい 初めてきく言葉です
ごきげんよう マストの上の 若者たち カッコいいですね
日本の未来も大丈夫って気がしてきました
きびきびと 礼儀正しく 清々しい若者たちですね
私も見たかったです
Commented by yassy127 at 2010-06-01 19:53
bisui 様 コメントありがとうございました。
「若さ」がまぶしく、うらやましくうつりますね。
若い時には気付かなかった「若さ」という宝物が無性にほしくなります。
もし人生このころからリセットできるなら・・・・。
いや、もし・・・というセリフはやめにしましょう。
Commented by yassy127 at 2010-06-01 20:03
ひーちゃん 様 コメントありがとうございました。
登檣礼って聞くことのない言葉ですね。
日本丸のこと自体もよく知りませんでした。
こうして未来の船長、機関長が育てられているのだとほんのちょっぴりわかりました。
船内一般公開では授業風景もあったそうです。
甲板をヤシの実で磨く体験もあったそうです。
全部見ればよかったのですが、横着をしてさぼりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ちびっこカメラマン 太平洋の白鳥 >>